b77o2629-1.jpg b77o2666-1.jpg b77o2641-1.jpg

爬虫類・両生類に特化した動物病院

iZooの病院 

 

iZooの病院は爬虫類に特化したiZooならではの診療をご提供するために設立しました。治療はもちろんですが、年に一度の健康診断として爬虫類ドックを導入し、日頃からの爬虫類・両生類に対するトータル予防医療を目指ざします。

HOME

ABOUT US

当院を知る

当園の専門分野を追求します

爬虫類・両生類に特化した病院、「iZooの病院」は、体感型動物園iZooに付属した外来診療を行う動物病院です。
iZooに来園される多くの方が、実際に爬虫類を飼育されています。

皆さんが常々、爬虫類を診てくれる病院がなく、心配されていることを知りました。
爬虫類という、比較的新しい分野のペット達は近年、急速に人気を博し、飼育人口が増加しました。

飼育される爬虫類は種類も多岐に渡り、飼育手法もまだ未知な種類も多く存在します。
そんな彼らを、健康に長生きさせるために「iZooの病院」として皆様のお役に立ちたいと考えました。

日頃からの飼育管理が爬虫類達の健康を左右します。

私はiZooの園長として、爬虫類と飼育者さん皆様の架け橋になれるよう、全力を尽くして参ります。

体感型動物園iZoo園長  白輪剛史

 

体感型動物園iZoo園長  白輪剛史

MESSAGE

院長あいさつ

ごあいさつ

近年、人々の生活スタイルが変わるにつれ、ペットとして飼育する動物の種類も徐々に変化し、以前は野生動物だと言われていた爬虫類や両生類は、もはや多くの人の心を癒す愛玩動物として定着しています。しかし、その形態等から診察する動物病院はまだ少なく、動物が体調を崩した際に多くの飼い主さんが困っているという話を聞きます。iZooは爬虫類、KawaZooは両生類に特化した動物園ですので、これからはその専門性を愛玩動物にも生かし、皆様が大切にする動物の健康管理に少しでもお役に立てればと考えています。
 
院長 後藤 正

 

プロフィール

酪農学園大学 酪農学部 獣医学科卒業
地方公務員として、動物指導センター、保健所、
公立動物園の獣医師として勤務経験を持つ。
20224月「iZooの病院」院長に就任。

 
iZooの病院院長 後藤 正

当院の設備

診察室

診察室

処置室

処置室

レントゲン室

レントゲン室

カラードップラーエコーを導入 最新のカラードップラーエコーを導入超音波診断装置は、腹部領域や循環器領域の検査及び、全身の検査に用います。 カラーで血管の走行を容易に把握することができ、血液がどちらの向きに流れているのかも一目で分かります。X線被爆のおそれがなく、安心して、何回でも繰り返し検査が可能です。 レントゲン レントゲン照射部大容量X線管を搭載していますので、大型のゾウガメやワニなども撮影できます。 生体監視モニター 生体監視モニター主として哺乳類などの生体情報(心電図、呼吸、体温、血圧)をリアルタイムに病状の変化や体の状態を測定・記録するための機器です。 モノポーラ モノポーラ電気メスです。生体組織に影響を与えることが少なく、動物用、人用ともに幅広く使用されており、少ない出血での治療を目指します。
顕微鏡 顕微鏡便中の寄生虫や卵の検査、皮膚検査、細胞診断、組織診断などを行います。
ウイルスを見ることはできませんので、ウイルスは院外機関にてPCR検査にて診断します。病理検査は複数の外部ラボと契約しています。
ドライケム ドライケム小さな爬虫類でも微量な血液を採血するだけで検査できる臨床化学分析装置です。
血液検体をセット後は、自動で分析結果がプリントアウトされます。素早い診断が可能です。

External doctor advisory

外部獣医師のアドバイザリー

外部獣医師との連携

iZooの病院ではエキゾチックアニマルを専門とする臨床経験の豊富な先生方に症例や臨床に関する外部アドバイザリー獣医師をお願いしています。
アドバイザリー獣医師の元で臨床研修を行なっています。
爬虫類の臨床はまだまだ解らないことが多いのが実情です。
 

本院のアドバイザリー獣医師

田園調布動物病院  田向健一 先生
きらら動物病院   坂井真紀 先生
 

 
研修風景

Animals to inspect

当院の診療対象動物

当院は以下の動物の診療をしております

iZooの病院は爬虫類・両生類に特化した動物病院となっております。その他のエキゾチックアニマルの診療はお電話にてご相談ください。

※イヌ・ネコの診療は行っておりません。

爬虫類
 

爬虫類

トカゲ・ヤモリ、ヘビ、カメ、ワニなど

 
 
両生類
 

両生類

イモリ、カエルなど

 
 

Feature

生体と飼い主様の架け橋になるために

爬虫類の予防医療

爬虫類ドック

「iZooの病院」は診察はもちろんですが、日頃からの爬虫類・両生類の健康管理として爬虫類ドックを行います。 爬虫類のための健康診断ドックは、予防医療として推進します。
健康的な爬虫類の飼育を実現するためには、病気になる前にわずかな兆候を発見して予防し、万一、病気にかかったとしても、症状があらわれる前に早期発見・治療することが大切だと考えます。

簡単な健康診断から、年一回の定期的な全身ドックまで各種コースをご用意しております。 お気軽に獣医師、スタッフにご相談ください。

 
 

爬虫類・両生類の飼育相談

iZooの飼育スタッフによる飼育相談も行っています。

iZooの飼育スタッフによる飼育相談も行っています。
日頃からの飼育管理が爬虫類達の健康を左右します。
与えている餌の種類や量を伺い、サプリメントなどのアドバイスを行います。飼育環境を改善するだけで、治療はせずに健康的に飼育できるケースも多いのです。

 
 

的確な診断

経験をフルに活かします

爬虫類の臨床は未知の部分が多いことも事実です。全てが治せるなどとは申しません。 目の前にいる爬虫類に対して、今までに培ったiZooでの知見、他の獣医師との情報連携を駆使して、的確な診断及び最善の治療を目指します。

 
 

日曜日も診療

安心して通えるために…

遠方の飼い主さんの利便性を考慮し、日曜日の診療を行います。
大切な爬虫類の動物病院として一次診療病院としてもご利用いただけます。
爬虫類のセカンドオピニオンも承ります。

 
 

本院はiZooの敷地内にございます

【電話番号】 0558-36-3008
【住  所】静岡県賀茂郡河津町浜406-2
【診療・受付時間】 9:00~11:30 / 13:00~16:30(最終受付)
【休診日】火曜日・水曜日
 
 
9:00~11:30
13:00~16:30
 
基本的に受付順となりますが、事前にご予約いただきますとスムーズです。
診察を受ける動物の病状で診察が前後する場合がございます。
本院はiZooの敷地内にございます